左上腕付近の負傷のため、5月の大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が5日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋での朝稽古で、負傷箇所の強化に努めた。  横綱は左上腕付近にテーピングを一切施さず、上がり座...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)