4日、0-4でC大阪に大敗したサッカーJ1のアルビレックス新潟。セットプレー絡みの失点、そして先制を許した後の守備崩壊という、今季を象徴する場面が呂比須監督の下でも繰り返された。「0-0で全体が張り...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)