【春季北信越地区高校野球大会 準々決勝・金沢13―5啓新】  夏に向け、投打の課題が詰まった試合だった。啓新は先発藤原直也が序盤につかまり、5回7失点。打線は前半の逸機で流れを失った。大八木治監督...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)