試合が終了すると、スタンドの鄭大世主将はしばらく目を覆ったままだった。清水のシュート4本(ゴール枠内0)は今季公式戦最少。脳振とうで大黒柱を欠き、攻撃の糸口をつかめなかった。前半にMF白崎が右足首負...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)