東北楽天の岸は五回の2失点が響いて敗戦投手に。昨季までの西武時代には通算6勝と相性のいい中日戦で初黒星を喫した。  制球が定まらず、立ち上がりから不安定。一回は安打と2四球で2死満塁に陥り、26球を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)