7人ずつで争ったレスリング団体は、鳥栖工が鹿島実を5-2で下して6連覇を飾った。鳥栖工の小柴健二監督は「鹿島実にいい選手が入り、下手をすれば危なかった」と振り返った。  鳥栖工は最初の2人が敗れた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)