勝負の行方は、代表者戦までもつれ込んだ。佐賀東と牛津の戦いとなった、なぎなた団体決勝。佐賀東の江口友梨は「ここまできたら迷わない。一気に行く」と腹をくくった。開始11秒、技を仕掛けてきた相手より一瞬...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)