第136回春季北信越高校野球大会は3日、5県の代表12校(新潟は4校)が出場し、新潟県のハードオフ新潟と三条パール金属の2球場で4日間の日程で開幕した。1回戦4試合が行われ、東海大諏訪(長野2位)が...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)