苦しみながら王座を守った。剣道女子団体の磐田西は決勝で先鋒(せんぽう)松下、次鋒鈴木が勝ったが、中堅、副将が磐田東に敗れた。大将の石井主将は引き分けたが、本数差で逃げ切って17連覇を達成した。  春...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)