ロシアオリンピック委員会のウラジミール・セングレエフ事務総長ら幹部4人が31日、2020年東京五輪カヌー競技のキャンプ候補地として、萩市川上の阿武川特設カヌー競技場を視察した。 出迎えた藤道健二市長...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)