昨年と同じカードとなった決勝は、東北が快勝で雪辱を果たした。投打の殊勲者は3人の2年生だ。  打線では2番杉沢が3安打5打点の大当たり。「あの一発が大きかった」と我妻監督も褒めた三回の2点本塁打は内...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)