稚内大谷が接戦を制した。エース正岡は粘り強い投球で要所を締めて2失点完投。打線は2点を追う六回、福田の犠飛と二つの押し出し四球で3点を加え逆転した。札日大高は一回、2点を先制したが、二回以降は3安打...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)