東北楽天の藤田が2015年8月の西武戦以来、2季ぶりに本塁打を放った。五回2死一塁で内角寄りに甘く入ってきた直球を振り抜くと、打球は右翼席へ。この2ランで菅野から計8点を奪い、セ・リーグを代表する右...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)