「闘魂」。マリーンズのベンチで今やすっかり合言葉となっている。25日のホークス戦(ヤフオクドーム)の試合開始直前。2連敗で借金21と膨れ上がった状況下のベンチ内で伊東勤監督は腕を組みながら天井を見上...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)