28日に全日程を終えた四国アイランドリーグplus(IL)の前期で、徳島インディゴソックスが3年ぶりに優勝した最大の要因は、投打のバランスが取れていたことだった。チーム打率、防御率ともリーグ1位。通...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)