日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会は29日、東京・両国国技館で定例会合を開き、左上腕などの負傷で大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里に対し、完治しなければ名古屋場所(7月9日初日)の休場を勧...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)