上位4人が21秒50を切るハイレベルな競り合いを2年生スプリンターが制した。男子200メートルは得意のスタートで抜け出した高木(東海大翔洋)が、100メートル覇者の鈴木(浜松工)らの猛追をかわした。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)