■助走スピード上がり5メートルへ手応え  「5メートル越えを目指していた。悔しさしかない」。男子棒高跳びの川口泰典(南陽工)にとって大会記録(4メートル67)の更新にとどまった結果は納得できるもの...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)