女子団体は藤枝順心が新人大会との2冠を達成した。有望な1年生が加わり選手層が厚くなったが、東海大翔洋との決勝ではけがから復帰した3年の梶田が意地を見せた。  先鋒(せんぽう)の1年米川が迫力ある攻め...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)