青森市羽白地区の住宅街の一角に立つ小さな小屋が今月8日、解体された。何の変哲もないような古びた小屋は、戦前、東京-札幌間をつなぐ民間航路の中継地点として開設された青森飛行場で、燃料貯蔵庫として使われ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)