二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピックでミャンマー選手団のホストタウンを目指す鶴ケ島市の招きを受けて、同国のトゥレイン・タン・ズィン駐日大使が、同市やトレーニング施設として提供予定の城西大(坂戸...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)