2020年の東京五輪の競泳種目に初出場するソロモン諸島の競技力向上を支援するため、ソロモン諸島と県、八重瀬町の3者による事前キャンプに関する協定締結式が25日、県庁で行われた。富川盛武副知事、比屋根...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)