沖縄伝統空手道振興会の役員らは23日、県庁に富川盛武副知事を訪ね、空手を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産登録することに向けた有識者会の設置や伝統空手の伝承者、後継者の育成に協力を求...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)