県内空手主要4団体で組織する沖縄伝統空手道振興会の役員らが23日、県庁に富川盛武副知事を訪ね、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産登録に向けた取り組み推進と、県指定無形文化財保持者(空手・...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)