主砲に災難が降りかかった。日本ハムの中田翔内野手(28)が24日、チーム練習が行われた大宮公園球場で汗を流した。しかし、練習中に近藤健介捕手(23)の送球が顔面に当たり、周囲は騒然。顔面アイシングの...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)