男子走り幅跳びの姉崎・錦織岳が1度目の跳躍で大会新となる7メートル60をマーク。関東新人大会に続く頂点に立ち、「力まずに跳べたことが結果につながった」と笑顔をこぼした。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)