2019年秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場に九州から選ばれている熊本、福岡、大分の3県知事と開催市の代表らが23日、熊本市に集まり、W杯成功に向けた「九州開催地宣言」を発表した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)