来年二月の平昌(ピョンチャン)五輪にスノーボード女子ハーフパイプで出場を目指す富山市出身の大江光選手(21)の後援会発足式が二十二日夜、同市内であった。  大江選手は現在、米国を拠点に活動。三月に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)