名寄市風連町の瑞生(ずいしょう)地区で、水田のあぜ道に咲いているシバザクラが見頃を迎え、訪れた見物客を癒やしている。瑞生地区では30年ほど前から、農家が景観向上とあぜ道の保全のためにシバザクラを植え...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)