今大会幾度となく接戦をものにしてきた福島東。反撃及ばず、東北大会の切符をあと一歩のところで逃した。「勝てると思った」と福島東の捕手石川偉央里(2年)は悔しさをにじませた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)