突き合いからのいなしを警戒し、「見て立っちゃった」という日馬富士の立ち合い。今場所高安を一直線に押し出している玉鷲の当たりをまともに受けた。それでも後退はしない。左膝を土俵につきそうなほど深く曲げて...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)