世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ(20日、東京・有明コロシアム)で日本人初のプロデビュー以来13連続KOで世界王座をつかみとった比嘉大吾選手(浦添市出身、宮古工業高出、白井・具志...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)