「序盤は丁寧に低めに投げられたのに」。東日大昌平の先発新田悠介(3年)は6回途中、マウンドで一度天を仰ぐと、無念の表情を浮かべてベンチへと下がった。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)