目隠しをしてプレーする「ブラインドサッカー」の体験会が21日、帯広市総合体育館で開かれ、十勝管内の小中学生約50人がドリブルやパスなどに挑戦した。  ブラインドサッカーは鈴の入ったボールを使い、キ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)