これぞリリーフエースだ。宮西が快“投”乱麻を断った。5―3の七回に先発の有原が一死一、二塁のピンチを迎えて降板。長打が出れば同点。一発で逆転。打席に迎えるは4番のT―岡田。ここで当然のように火消し役...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)