沖縄のボクシングの歴史に新たな1ページが刻まれた-。20日のWBC世界フライ級タイトルマッチで比嘉大吾選手(21)がフアン・エルナンデス選手(30)を下し、世界王者に輝いた。元世界王者の具志堅用高会...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)