柔道男子100キロ級を3連覇した米山(東海大翔洋)にとって最大のヤマ場は準決勝だった。延長を含め13分を超す激闘の末、大橋(日大三島)を得意の大内刈りで下した。  大橋は小学生時代から何度も対戦し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)