江戸時代の朱子学者・尾藤二洲(1747~1813年)の思想を和太鼓の鼓動で表現した曲が20日、出身地の愛媛県四国中央市で初演された。ふつふつとわき起こる思想が大きなうねりとなる様子を、ダイナミックに...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)