第101回高校相撲金沢大会(北國新聞社など主催)を2日後に控えた19日、全国72校の選手が力と技をぶつけ合う石川県卯辰山相撲場の土俵が出来上がり、熱闘を待つばかりとなった。  土俵づくりは能...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)