プロバスケットボールBリーグ1部の滋賀レイクスターズの選手ら四人が十六日、県庁を訪れ、B1初年度で残留を決めた今季の戦績を、三日月大造知事に報告した。坂井信介代表は、大津市中心部にアリーナを建設する...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)