俵に乗った右足一本で耐えた。土俵際まで追い込まれた稀勢の里が、苦渋の表情で踏ん張る。千代の国は容赦なく弱点に食らい付く。ぐるぐるとテーピングが施された横綱の左腕の下に右を深く差してまわしを引き、半身...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)