仙台市で14日開かれた第27回仙台国際ハーフマラソン大会(仙台市、河北新報社など主催)で、コースを走りながら体調不良者に気を配る「救護ランナー」が初めて導入された。雨天もあって心配された熱中症患者は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)