試合終了のブザーが鳴ると、仙台の選手たちはうつむき、唇をかみ、天を仰いだ。仙台がB1から1年で姿を消した。  試合後、ブースターに思いをはせた主将志村は泣き崩れ、「応援に応えられず、本当に悔しかった...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)