先制した光南が3投手の継投と終盤の追加点で、福島に5―1で快勝した。  薄曇りの空を切り裂くようにライナー性の打球がスタンドに突き刺さった。2回、光南の先頭打者、橋本拓也(3年)は「自信のある球を続...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)