14日に初日を迎える大相撲夏場所を最後に、旧天間林村出身の友綱親方(64)=元関脇魁輝=が、日本相撲協会を定年退職する。13歳で入門して半世紀余り、土俵と共に歩んできた。優勝5回の大関魁皇(現・浅香...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)