春季京都高校野球は13日、わかさスタジアム京都で準々決勝1試合を行い、京都国際が8-7で延長十三回タイブレークの末、昨秋府大会優勝の東山を破り、4強入りを決めた。予定されていた山城-綾部は14日に順...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)