大相撲の横綱稀勢の里は12日、東京都墨田区の野見宿禰(のみのすくね)神社で奉納土俵入りを行った。「相撲の神様」とされる野見宿禰を祭る同神社では、横綱に昇進した力士が最初の東京での本場所を前に土俵入り...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)