大相撲夏場所(14日初日・両国国技館)で、懸ける力士を指定する懸賞の本数について、12日の時点で3連覇を狙う横綱稀勢の里が608本で断然のトップとなった。日本相撲協会の担当者が明らかにした。2番手...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)