徳島ヴォルティスなど中四国を本拠地とするサッカーJリーグの7クラブが11日、大規模災害時の練習場所の確保や公式戦実施で協力態勢を構築するための連携協定を締結した。Jリーグのクラブ同士が災害協定を結ぶ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)