バスケットボール男子・Bリーグ2部のパスラボ山形ワイヴァンズは今季、インサイドに重点を置いた戦い方を目指した。しかし、その強さを支える外角シュートが精度を欠き、足かせとなった。加えて終盤戦でパワーフ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)